ブログトップ

WCCFのお話

rainman24.exblog.jp

WCCFをメインにサッカー・ゲーム・アニメを~(主な活動拠点は千葉市内&幕張近辺)    ロゴ:

<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

・YGS:ミリンコビッチ・サビッチ:86
  序盤はシュート精度が悪くふかすこともあるが経験で改善してくる突破は黒パワーストライカー程度、サイドから飛び込み決めるヘディングやボレーなど決定力はある、球離れも普通で前線でのポストプレイもこなせ、何より特筆するのはフィジカルと守備意識を活かした守備、奪取するのではなく相手をラインに追込んでパスやドリブルコースを狭める動きをし時折奪取もする、スピードが無いのが攻守に置いて-面だが育成や追加スキルで補えば優良種、自分はウイングをついた
・12-13:カナ(サナ?):75
  カバーリングタイプのボランチ奪取力は普通、スペースを空けないポジショニング奪取しボールを裁く
・SOC:マティッチ:83
守備範囲が広く、奪取力もある、パスの繋ぎも的確で高い位置で奪取し、前線に供給するCMF的な起用も機能する。KP効果でその分動くので周りの味方のスタミナ持ちが良くなる。レアKPで欲しかった。
・POY:モドリッチ:84
 前線にスルーパスを供給、深い位置からのフィードも上手く自らドリブル突破持ち込ことも多い、中央で守る以外も中盤底でも守備もこなします、どのプレイもスピードが早く判断が早い、レアKP「勝利の統率者」(モドリッチの動きが目に見えてよくなる。特に中央でルーズボールに食いつきやDFの意識が高くなり最終ラインまで守備に素早く戻ることもある、スタミナは減りが早いが)レアKPが凄い、同選手レアで迷ったらこの1枚



[PR]
by rainman24 | 2018-05-31 15:55 | カード使用感 | Comments(0)
b0062011_17114110.jpg
b0062011_17113892.jpg
題名通りver2.0でATLEプロネシチキが出ると知っていればこのチーム運営は見送った

今回はATLEシュケルを再使用しYGSミリンコビッチ・サビッチを起用した3トップにし皆勤だったスタンコビッチを不採用、チームの司令塔にPOYモドリッチに

詳細
FW:ATLEシュケル、ATLEストイコビッチ、YGSミリンコビッチ・サビッチ、ケジュマン、16-17Bジェコ
MF:POYモドリッチ、SOCマティッチ、12-13カナ、15-16EXコバチッチ、14-15グズマノビッチ
DF:15-16Bコラロフ、WBEビディッチ、11-12スポティッチ、13-14イバノビッチ、コバチ
GK:13-14ハンダノビッチ

KP
攻撃KP
・ストイコビッチ「妖精の舞」レア(チャンスメイク)
守備KP
・カナ(組織守備)
・スポティッチ (インターセプトG)
サポKP
・マティッチ (ダイナモ)
・ハンダノピッチ(クロスセーブ)
・モドリッチ「勝利の統率者」レア(降臨降臨)

攻撃のパターンが少なく苦労しましたが、ノルマ達成。










[PR]
by rainman24 | 2018-05-30 17:29 | 運営チーム紹介と状況 | Comments(0)
使用感:SATLEコレル KP「最前線の浮沈艦」レア(ポストプレイ重視) 17-18ver1.0で85試合
使用位置左よりCFW

総評:89
 シュート威力が強く精度も普通ふかすことが少ないフィジカル押しに見えて以外にボールキープ力がありドリブルで溜めるのが上手くフェイントで突破も出来るが、サイドを割るにはスピードが無い、競合いが強く競って周りの味方に頭でボールを落としたり自分でキープし背でDFを背負ってパスを捌くポストプレイは強力でKPレベルが上がるにつれ安定する。クロスを捉えるヘディングは勿論アクロバティックなボレーシュートも多用し決定力が高い。スタミナは普通、自分でも得点できまわりを使わせることも出来るのワントップでも有用。

レアKP「最前線の浮沈艦」
 FWポジションに張り付き自身の突破力も上がる、チームの一旦コレルに当てる意識も目に見えてUPする、それまであった自らボールを貰いに下がる動きが減る。

イブラヒモビッチを白にするとこんな感じか、若しくは黒ディエゴ・トリスタン、コラーディと言える。

個人的体感予想数値 
 20、4、15、20、14、15:88



[PR]
by rainman24 | 2018-05-29 14:13 | カード使用感 | Comments(0)
・黒:バロシュ:75
 ルーズボールに対する食いつきがよくダイレクトを捉える決定力もあるが、スピードを活かした突破力余り無い。白優良種で代替できる 
・ネツィド:70
 パワーを活かしたキープと以外にドリブル突破は鈍足でない、ポストプレイの際のパス選択眼が悪い。
・黒:ポポルスキー:85
 ボールを持った際の細かいタッチのドリブル突破や低中の早いクロスボール精度、飛出しで強襲する高い攻撃意識、唯一スタミナが弱点、交代要員が必須、個人練習次第ではレアやATLEクラスに化ける優良種黒サイドアタッカー
・02-03:ヤンクロフスキ:89
 スピードあるサイド突破とSHFとしては高い守備力、クロスは普通、
・黒:ガラセク:75
 中盤そこでフィルターを掛けるカバーリング守備、チェイシングして奪取するクラッシャー、奪取後の玉離れも良く中央そこのマルチディフェンスタスク、KPも「組織守備」で汎用性に富む
・11-12:ヒュブシュマン:64
 中盤でゾーンを守りポジショニングで先手を取りチェックを仕掛けるDFパスは普通だが奪取力はボランチとしては若干劣る。
・SOC:プラシル:82
 ガラセクのフィジカル強化版、奪取後自ら持ち上がるもあるが得点力は低い守備範囲が広くスタミナ切れも起こさないが良く動くのでポジションを空けることもある。
・11-12:カドレツ:74
 サイドの奪取力は普通奪取後のオーバーラップしさいどからゲームを組立てる、攻守の切替で配置を変えることでより機能する。
・WDFEX:ウイファルシ:82
  1対1の奪取、フィジカルが強く当たり負けせず空中戦に強い、ポジショニングも良く抜かれてもパスを通されても相手の次のパス先に素早く寄せて奪取してくれる優良CBレア。
・11-12:ロゼフナル:79
  鋭いスライディングとインターセプト持ち味のCBスピード対応も上手くカウンター攻撃に強い、スライディングを多用するのでファウルが多い、隠れた優良白CB
・10-12:グリゲラ:69
 サイドから積極的にチャージをかけて奪取するが持ち上がるスピードは無いクロス精度も低い守備専SB
・イラネク:50
 現verではかなり厳しいステータスだが、パワーでしつこくチェイシングするディフェンスとSB配置でも中盤まで網羅してくれる守備範囲の広さ。
・WGK16-17:チェフ:72
キャッチング、ファインセーブ、ミドル対応またクロス処理がチェフの中で上手いが、飛出しの読みやポジショニングが同選手の中では少し落ちる。PKはKP無しの中では強い、レアKP「クールヘッド」前衛DFラインのポジションニングが若干よくなる気?本人的にはファインセーブやPKが上方修正。レアツェフの中では他に替えが効くがクロス処理が苦手な人は安定するのでこれ程度


[PR]
by rainman24 | 2018-05-10 13:32 | カード使用感 | Comments(0)
キャンペーン応募中にメインで運営していたチェコ縛りチーム「CZ75」
b0062011_18433397.jpg
b0062011_18432842.jpg

SATLEヤン・コレルを使用してみたかったので立ち上げました。黒ポポルスキーを使ってみたかったのでレギュレーションはRU5で黒バロシュやガラセクも入れてみました。左右からのクロスでコラーに合わせてポストプレイでウイングやSHFに決定させて守備はフジィカルで抑えるパターンです。

詳細
FW:SATLEコレル、黒バロシュ、黒ポポルスキー
MF:MVPネドヴェド、02-03ヤンクロフスキ、黒ガラセク、SOCプラシル、13-14ロシツキー、ヒュブシマン
DF:11-12カドレツ、WDFEXウイファルシ、11-12ロゼフナル、10-12グリゲラ、イラネク
GK:WGK16-17チェフ

攻撃KP
・コレル:「最前線の浮沈艦」レア(ポストプレイ)
・ヤンクロフスキ:(ミドルシュート重視)
守備KP
・ガラセク:(組織守備)
・グリゲラ:(プレスディフェンス)
サポKP
・チェフ:「クールヘッド」レア (フォアザチーム)

個人育成が成功しだいたい一人3-5のUPがついたのや、素でポポルスキーやプラシル、ロゼフナルが活躍しUR5の補正が効いているのに全冠達成し40ぐらい試合が残りました。






[PR]
by rainman24 | 2018-05-07 19:02 | 運営チーム紹介と状況 | Comments(0)
開封祭後通常開封プレイに戻って最初の釣果報告、流石に引く通常レアはダブリが主立ち、上級レアは皆無になりました。そんな中で引けたのは。
b0062011_14404394.jpg
ATLE-REセザール・サンパイオ(初引&2枚目)

Jリーグ創設期を知っている自分にとっては興味深い1枚ですが、この投稿を上げる前日のプレイで早速ダブリました。^^

[PR]
by rainman24 | 2018-05-03 14:45 | WCCF | Comments(0)