ブログトップ

WCCFのお話

rainman24.exblog.jp

WCCFをメインにサッカー・ゲーム・アニメを~(主な活動拠点は千葉市内&幕張近辺)    ロゴ:

2018年 09月 02日 ( 3 )

MVP(17-18)C・ロナウド KP「前線の聖域」(フリーロール)17-18ver2.0で80使用
位置3トップ 中央

総評:89

同カードのMVPの中ではパスやクロスのアシスト型やドリブル突破はなりを潜めて、中央でポジションを取って確実に最短ルートでGKと1対1に持ち込み得点を取るのに特化したストライカー感が強い。それでもパス、ドリブルは強烈
 問題はKPの「フリーロール」これがレベルが上がっていくうちにポジショニングが絶妙になってきます。前線のDFラインの隙に常に付いていてパスを受けて得意の突破でシュート、また味方が攻めあぐねているとボールを受けに来てワンツー打破する等の引き出しが豊富になっていきますが、逆にレアまで行くとその傾向が強くなりすぎて、活躍しているけどゲームから消えるという不思議な現象が見えます。(自分はだいたいその時は隣のイグアイン、マンジュキッチがゴールを量産してました。)

癖があるといえばあるMVPなのでストライカーを求めるならKPが「フィニッシュワーク」持ちやサイドからドリブルで進入してパスするなら他のMVPが向いています。


[PR]
by rainman24 | 2018-09-02 12:37 | カード使用感 | Comments(0)
POYイグアイン KP「エースの風格」レア(キープレイヤー重視) 17-18verで80使用
位置左セカンドストライカー、ウイング

総評:92 
シュート威力精度共に高く、敵の裏への抜け出しが早くボールを持ってからの攻撃への切替が早く突破力が非常に強くダイレクトを叩き込む決定力も有ります。前線で広く攻撃に絡みます。
同じ国籍の、ISクラウディオロペスのスピードとBSクレスポの決定力を併せ持つような1枚。
同時起用したCロナより点数を取っていました。

レアKP「エースの風格」
チーム全体が彼にボールを集める意識が高くなるほかに、本人の突破力やフリー状態を作るポジショニングは強化されます。
下手なMVPメッシ、CR7より使い易く恐らく対人でも有効かも?


[PR]
by rainman24 | 2018-09-02 08:13 | カード使用感 | Comments(0)
・ピアツァ:769
 レスポンスと加速に優れたラインブレイカー、そこそこ優秀
・17-18黒:ピアニッチ:75
 CMFとしては積極的にプレスを掛け奪取力もあり、パスの出し所の見分けも良い、SHF、ボランチをさせるにはそれぞれスピード、パワー不足
・17-18黒:ケディラ:68
 中盤底でのスピードを活かした奪取力があるが他と違って攻撃面が弱い
・16-17B:サンドロ:65
 スピードを活かしたサイドからの攻撃参加頻度が多いが自ら決めることは少ない、守備は普通だが奪取力が若干低い
・12-13:ベナティア:69
 フィジカル特に体躯を活かした空中戦に強くポジショニングが良く上手いインターセプトも見せる
・15-16A:デ・シリオ:54
 スピードによるカバー能力がいいが守備力やチェイシング意識が低い、攻撃のオーバラップも弱め
・17-18黒:シュチェスニー:64
 飛出しの速度が速すぎず遅すぎず読みが良く、プレイが安定してて特にファインセーブが期待でき、黒GKとしては扱い易いが優良白で代替できるのが難点

・SOC(16-17):マンジュキッチ:80
 ポストプレイ、威力の高いシュート、ダイレクト決める決定力、CFWとしてフィニッシャーとしての役割もいいが、このverレアはサイドに配置した時の突破力を活かしたアシスト能力が高い。 

・WCMEX:マテュディ:75
 強い奪取力と切れないスタミナ、また奪取後のパスの散らせ方が上手くショートカウンターに向いているが、マケレレの様な守備範囲の広さやビエラの様なフィジカル押し、ポクバの様な攻撃意識は無いので専門性は劣る。 

・YGS:ベルナルデスキ:78
 スピードとテクニック活かしたドリブルキープと前線への進出、またワンタッチで味方に出すショートパスを持ち合わせた攻撃MF、SS(テクニック)持ちだが、特にKP設定にした時のチャンスメイクがレア並
・WBE:キエッリーニ:80
 パワーを活かした正面奪取、スピード対応も可能ポジションを開けることなくしっかり最終ラインでスットパーとして機能する絶対的なCB


[PR]
by rainman24 | 2018-09-02 04:40 | カード使用感 | Comments(0)