ブログトップ

WCCFのお話

rainman24.exblog.jp

WCCFをメインにサッカー・ゲーム・アニメを~(主な活動拠点は千葉市内&幕張近辺)    ロゴ:

6回も足を運ぶのか~

アップするのが大分遅くなりましたが、何とか1ヶ月遅れで観に行ってきまし。
b0062011_09073529.jpg
『ガールズ&パンツァー最終章第一話』
 今回は6話仕立ての劇場版、1話でも抜けると楽しみが薄くなるので(それも始まりの1話目なら尚更)是が非でも行かなければ、運がいいことにアンコール上映作品として多少長い期間上演されてました。

 筋
 前回の母校の存続を掛けた大学選抜チームと連合チームと試合後、大洗学園生徒会役員も2年に変わり、旧生徒会広報川島桃は再び母校が廃校の憂き目に会わない様にさらなる戦車車両を捜索し大洗の戦車道を磐石にしようと思っていたが、一方自身の成績不良により今だ進路が決まっていなく留年の可能性が出てきたそこで戦車道メンバーは、近く開催される戦車道「無限軌道杯」(全国大会)にて桃を体長として据えてみほを副体長として補佐させ優勝し実績を作らせ、大学のAO入試で入学させることを思いつく、同時期に念願の9両目の戦車・桃に恩義を感じてる船舶科の5不良名が新たに加え、今度は仲間のための熱い戦いが始まる。
 初戦の相手はお嬢様学校フランス車両が中心の高機動力が売りで中高一貫のエスカレータ組みと一般途中受験組みの小競り合いが耐えない「BC自由学園」
 当初さほど難敵と見ていなかったが相手の欺瞞作戦の術中に嵌り大洗学園はピンチに陥る。

TV版の聖グロの練習試合の1カットを先に出して、そこにいたるまでの経緯を辿る作りみたいなので入りいきなりピンチシーンでつかみを得て新OPでことの始まりと繋ぎの妙があります。この1話は今回新たに加わる鮫さんチームのスポットライトをあてるのに半分は使った感じです。新戦車期待して出て来たの見た時『MrkⅣってギャグか』と思いました。
 今回は他校のキャラは顔見せ程度に1-2台詞ある程度で、その分大洗の生徒の台詞やそれぞれの特性のシーン(歴女チーム、ゆとり1年生等)が大分増やされていました。この辺が劇場版の改善点

 今まで大学選抜チーム戦以外の試合は圧倒的数的不利や経験不足などでそこ覆す爽快感がありましたが今回から9両vs10両、全国優勝経験チームということもあってその辺のジャイアントキリング感が無くなりました。
 またこの最終章が発表された時「マジノ学園」(スピンオフコミックに登場)出るなと思っていたファンの意見が多かったのに、アンツィオみたいに先ず先行でメディアで「マジノ学園」編を販売してこの最終章に組み込んで欲しかったな思いました。

何より良かったのがED曲がTVアニメと同じ「EnterEnter Mistion」だったことにはびっくりし嬉しかったです。個人的好きなので。

あと5話、恐らく全強豪高無理でどれかが省かれるか途中か準決勝で連合vs連合戦で決勝がそのパートナー対決とかが熱い展開になったら面白そう。

役感想はほぼ同じ新規キャラはパンフが変えず確認できてないので割愛ORZ

※因みに来場特典ミニ色紙の内容は沙織の肩にもたれて寝る麻子の幼馴染コンビでした

[PR]
by rainman24 | 2018-02-09 10:21 | ゲーム・アニメ | Comments(0)