ブログトップ

WCCFのお話

rainman24.exblog.jp

WCCFをメインにサッカー・ゲーム・アニメを~(主な活動拠点は千葉市内&幕張近辺)    ロゴ:

<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

追加新verの感想について一つ

 追加されるチームにリバプールが無いのが個人的に残念です、その分PSGやコンリンチャンスの追加はまたチーム縛りの幅が出て嬉しいです。何よりPSGの黒CBルガーノでようやくウルグアイのキャプテンシー持ち入りチームが組めます^^

 稼動は5月中になりそうなので現行verももう少し楽しめそうです。ろそろ未所有のATLE辺り購入を考えよう。
[PR]
by rainman24 | 2013-03-31 16:48 | WCCF | Comments(0)
・WCFドログバ:A
競合の強さ決定力は高いのですが、ドリブルでの突破力は低い、キャプテンシー(コンビネーション)持ち。
レアKP(グラビテーション)を発動するとポストプレイで周りを上手く使ってくれる。ストライカー役なら他のレアが良さそう。

・04-05グジョンセン:A
 ドリブル突破こそ難しいが、ダイレクトを合わせるのが得意なフィニッシャー、ミドル有、
優良白。

・11-12トーレス:B
 突破力が極端に落ちた、ポストプレイを選ぶ傾向がある、でも決定力は健在、ストライカーとしてスタメン起用は無理SS持ちなので控えで光る。期待はずれ白

・WWFロッベン:AA
 スピード突破が売り、シュートも上手く、ウイング、セカンドストライカーで起用が〇

・08-09WMFランパード:AA
 守備力、攻撃意識が高く、シュートも上手いので、SHF以外のMFどこでも務まる、KP「オーバーラップ」からの攻撃参加が魅力。

・05-06デル・オルノ:BB
 攻守のバランスが取れているSBスピードが有りスピードスター対策が得意

・ENSテリー:AA+
 安定した絶対的な守備力を持ったCB、パワーもそうですがポジショニングの良さが目立つ、CKからの合わせる得点力も高い。

・WOS:ダビド・ルイス:AA
 高い守備力を持ち合わせているがファウルが多い、奪取後の繋が無難SBも可能なスピードをもある。

・09-10ツェフ:A-
 レアのような安定感や読みの良さが欠けるKP「降臨」時の飛び出しが早いので飛び出しすぎに注意が必要。
[PR]
by rainman24 | 2013-03-29 16:08 | 運営チーム紹介と状況 | Comments(0)
昨日目標の全冠で途中辞任したチーム報告
b0062011_14201621.jpg

b0062011_14252824.png

『Zafila.C.F』
・オフェンスKP:WCFドログバ「パスワーク重視」レアKP「グラビテーション」
・ディフェンスKP:ENSテリー「組織守備」
        :WOSダビド・ルイス「プレスディフェンス」
・サポートKP:WCMランパード「オーバーラップ」

 チェルシー在籍かつユニフォーム縛り、ドログバの特別実況「ブルーズ・エクスプロージョン」を聞きたく攻め上がるランパードを試したくチームを組みました、連携はランパードに集まるように構成本当はエシアンをWMFで黒で試していたのですが、途中でWOSダビド・ルイスを購入し差し替える、ツェフもレア予定でしたがゲームでのグラフィックでヘッドギアツェフがツェフぽいと思ったので黒を起用。
アザール、オスカル等新規加入選手も使ってみたかったのですがユニ縛りで断念


目標は全冠え一応達成しました。

EXキャンペーンのイラーリオが当たればレア枠をジョー・コールやアネルカに咲いてもう一度継続してみたかったチームでした。
[PR]
by rainman24 | 2013-03-28 14:48 | 運営チーム紹介と状況 | Comments(0)
寒の戻り雨、前日の日本代表の敗戦で意気消沈、新ver稼動のためにプレイ控え等種々の要因のせいかプレイヤー少なかったですね。
〇戦績
レギュラーリーグプレミアを取っている唯一の運営メインチーム、チェルシー在籍且ユニフォーム縛りのチーム(後日紹介)で、午前中で闇で獲得、その日のうちに午後ICC戦挑戦、こちらは決勝は店内対戦、スコアレスドローでPK戦個人練習でDEFとTECにボーナスが付いているツェフが3連続セーブの活躍で全冠達成、残り任期も20程度残し監督辞任。
b0062011_9413397.png


〇釣果
10クレ目
WOS:ハビエル・エルナンデス(初引)
b0062011_940122.jpg

ハリスコの真珠キターー!

 パック補充直後で恐らく2枚目が終盤にあると読み引き続き同じサテライトでプレイ続行
4枚目WOSジュリオ・セーザル、3枚目ATLEラメロウ、WOSマルセロの落ちの不安を常に感じながら(笑)上記ICC戦に挑みその決勝クレ
25クレ目(通し35クレ目)
ATLE:シュテファン・エッフェンベルク(2枚目)
b0062011_9504889.jpg

ティーガ

ATLE2枚目なら上々でしょう^^

グッズキャンペーン今回はサイドローダー赤と交換しました。
b0062011_9532149.jpg

新規チームに引いたEUSセルヒオ・ラモス、チアゴ・シウバ両者をそれぞれ組み込んだチームを考えています。
[PR]
by rainman24 | 2013-03-28 12:25 | WCCF | Comments(0)
 先日終了したオランダ縛りチーム「True Grit」の総評を一つ。
 これまで何回かオランダ縛りチームを運営しましたが、その中でもっとも美しくよりトータルフットボールに近いチームでした。ATLEフリットを攻撃の起点に考え中盤はライカールとクーマンで固め、最終ラインの黒マタイセンで守備が大分安定しました。
 次回は今回途中で気が付いたWMFEX:スネイデル「ダイレクトアクセル」と黒:ファン・デル・サール「グローリオール」攻守のレアKP両立した、パスで回して、チームの数的優位で組織的に守備をするチームを作ってみようと思います。
ファン・ボメル、ランツァート、ファン・ペルシー等の実力者の起用と、ガブリ、フラール、アニタ、デ・クレル、ルシウス、エマニュエルソン等起用に漏れた選手で新たに次期verに再起動予定です。
[PR]
by rainman24 | 2013-03-26 12:07 | 運営チーム紹介と状況 | Comments(0)
b0062011_21115678.jpg

マルチカードケース赤入手、でもあんまし実用的でないので今回はサイドローダーがお勧めです。

〇戦績
前回無事ノルマの全冠を達成したオランダ縛りチームを残り10以上残し辞任、師弟は「ファンブロンクホルスト、アフェライ、オーイエル、」の3名レア5人から一人も付かず><
 チーム縛りの3チームを育成メインで進める。

〇釣果
・1サテライト目
1クレ目
記番号にUの文字が「EUSか」・・・・・・「ラートバル」
YGSU23:タカシ・ウサミ(初引)
b0062011_21252340.jpg


アンダーのUだったよ、
でも初牌での初引きレア、上々^^

・2サテライト目
1クレ2クレ3クレとプレイすると、前回のATLEラメロウ、EUSフンメルス排出とかぶる、決定的なのが同じタイミングで三たび
4クレ目
JT:ユウゾウ・クリハラ(5枚目)
 レア近い?その後しばらく係り大台の30クレ目に入る手前
28クレ目
WOS:ジュリオ・セーザル(3枚目)
b0062011_21312052.jpg


長かった~ダブりでなければ十分釣果だったのに。


※WSKのWOS:カンビアッソ、SGKのEUS:ジェコの特典レアどちらも良かったですね、特にジェコは管理者の「東欧バルカン半島」縛りチームで使える選択肢に入るので嬉しいです。
[PR]
by rainman24 | 2013-03-25 13:11 | WCCF | Comments(0)
導入がアニメなのでこのカテで投稿します。

最近秀逸だったアニソン
「武装神姫」Azusa:『太陽のサイン』
曲も歌詞も高く透明感がある歌唱で非常にクオリティの高い1曲だと思います。
ブックレットを見たら作詞作曲編曲全て一人でやっているのにびっくり資質が見受けられます。
※支援の気持ちをこめて→のライフログにしばらく上げときます

最近だと下記も購入しています
・「Fate/Zero」の藍井エイル:『MEMORIA』
・「とある科学の超電磁砲」のELISA:『Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-』
[PR]
by rainman24 | 2013-03-21 17:47 | ゲーム・アニメ | Comments(0)
・10-11黒スナイデル:B+
 攻撃意識が強くフィジカルでのボールキープも上手いショートパスの精度もあるので、トップ下、FWどちらもこなせる、CKは上手いがFKを確実に決めたいならKPがある方を

・10-11アフェライ:B
 パスの振り分け判断が早いがプレスに潰され易いので決めるFWと奪取するMFの間に配置すれば光るSS持ち(TEC)スタミナは1試合なんとか持

・ATLEクーマン:AAA
 スピードの無さや守備範囲が多少狭さが目だちますが奪取力、守備力、ポジショニングが有りCBとしては有能 一方パスの上手さやシュート力やセットプレイ時の頭での得点力と攻撃面も優れているのでCMFとしての起用も出来る。個人練習でスピードをしつこく鍛えれば欠点は補え昔のverのせードルフみたいな選手になる。攻守に備に厚みが出る理想のアンカーマン
感覚予想値
14、15、14、15、13、15:86(+-3)

・マタイセン黒:A
 以外にテクニック系に滅法強いCB、パワー、スピード系も対応できるが若干苦手、上背が無いので競合いが苦手オランダのCBではスタム、ボウマ、ヘイティンガ以上に期待が出来る。

・08-09ヘイティンガ:B-
 04-05と比べるとスピード対応が悪く戻りが遅かったり振り切られることが多い、KP「リベロディフェンス」がトータルフットボール時に守備のフォローで必要となるので需要があるか?

・11-12ファン・デル・ウィール:B+
 サイドからのインターセプトが上手く守備力がありボール奪取時のオーバーラップ意識も強い半面サイドを上がった際のクロスの判断が悪い、攻撃面は期待しない方がいい

・10-11オーイエル:C+
 競合に弱いがポジショニングで守備をするSS持(DFE)

・09-10ファン・デル・サール黒:AA
 飛出しは早すぎず遅すぎず、ハイボール処理、キャッチ、競合も、飛び出しの読みは良、PKは普通、ファインセーブが少ないがそれを除けば完璧レアに匹敵する黒GK、特にKP3セット化で守備のオーソドックス体「組織守備重視」持ちなのでチーム構成時に助かる、しかもレアKP、管理者も所有がバインダーと予備の2枚だったの+2買い足しました。
[PR]
by rainman24 | 2013-03-18 21:38 | 運営チーム紹介と状況 | Comments(0)
〇戦績
オランダ縛りで望むCTC戦。幸運にも対人者がCPUで敗退したため獲得、それでも次のJP戦は「アルクデトリヨンフ」フリットからの展開とクーマンとライカートルの中盤底の守備で勝利しチーム目的の全冠達成。
 気が付けばフリットがゴール、アシスト数どちらも1を取ってましたチーム内で個人練習でスピードをしつこく上げたせいでサイドの突破が武器になりました。

〇釣果
6クレ目
JT:ユウゾウ・クリハラ(3枚目)
19クレ目
ちょうどバティゴールさんが来店、CTC&JPに集中するため未開封状態にしていたらあの赤い文字がパック切れTT
パックラストクレジット
あっ「激しくデジャヴュ」
ATLE:カルステン・ラメロウ(2枚目)
b0062011_10365542.jpg


お掃除プレイ回避!!でもダブり^^

補充後をプレイ開始
排出がまったく同じ・・・しかも
6クレ目
JT:ユウゾウ・クリハラ(4枚目)
えJTの内容も同じ?ってことはもしやまた19目でATLEラメロウなのか。

半分肝を冷やしながらプレイしていたらすんなり
14クレ目
EUS:マッツ・フンメルス(2枚目)
b0062011_10454065.jpg


スキルではピンとこなかったので取り出しサテライトに叩きつけたらやけに赤みが目だつのでようやく気が付きました。
[PR]
by rainman24 | 2013-03-17 10:48 | WCCF | Comments(2)
久々に映画観てきました。
b0062011_13262044.jpg

『ジャンゴ-繋がれざる者-』
 今年のアカデミー賞で脚本賞とクリストフ・ヴァルツが助演男優賞を獲得した、鬼才クエンティン・タランティーノ監督の異色の西部劇作品

 南北戦争間近のアメリカの南部州で解放奴隷(シュルツが半ば強引に所有権を獲得し解放)のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)と元歯科医から賞金稼ぎに転職したドイツ国籍の賞金稼ぎドクター・キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)が共に、南部の奴隷剣闘士を楽しむサディスティックでフランスかぶれの悪党大農場主キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)から、彼の所有奴隷となっているジャンゴの妻ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を奪還すべき、互いに身分を偽り乗り込む。妻を奪われた奴隷出身のアウトローが白人の悪党に挑む痛快な復讐劇

 この作品の目玉は南北戦争自体を扱う西部劇以外では数が少ない黒人や奴隷精度にフォーカスを当てているところでしょう、上映禁止になりうるほど差別用語やシーンが頻繁に出てきますがそれを控えることもせずアメリカの負の歴史面を真っ向勝負していると思えます。

 物語の話の展開も良く、ジャンゴとシュルツの出会い、初仕事、コンビ結成、ジャンゴの諸金稼ぎとしての修行、敵地に乗り込み、最終決戦とそれぞれ大きな見せ場や考えさせられる問題的を持たせてくれます。



タランティーノ特有の台詞や演出と壮絶な切った張った硝煙の臭いが私的そうな銃撃戦は健在です。今回は一部黒人に対する拷問などでバイオレンスを越すシーンがありますが、扱う作品のテーマがテーマなので避けられないでしょう。
(銃撃戦はBLACK LAGOONみたいにオーバーキル状態が当たり前の世界)

・音楽
 古き西部劇物の音楽を踏襲した物メインに、時にはラップ等取り込んで非常にマッチしていたと思います。特に冒頭のジャンゴのテーマソングは秀逸。

管理者の良かったシーン
・ジャンゴとシュルツ終盤に人種差を越えた友情が伺えるジャンゴの台詞
・最終決戦はまさに副題通り「UNCHAINED」解放し黒き野獣の様な立ち回りはスカッとしますね。

〇縁者感想

・ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)
 黙して語る賞金稼ぎ、早撃ちや演技の才があり後半はシュルツ並みの口の巧さを見せる、
ワイルドさとインテリジェンスを兼ね備えた人物を良く演じられていたと思う。
・ドクター・キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)
 銃の腕前持ち合わせながら、口八丁手八丁、ハッタリ駆使して危機を凌ぐ戦術家、儲かる賞金稼ぎに転職したことみられる守銭奴の面もありながら相棒事を考えるやさしさを持つ、同じ元歯科医設定で「ドク・ホリデイ」を髣髴させられます。
・カルヴィン・J・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)
 フランスかぶれなサディスティックな牧場主、どうしても甘いマスクの先入観があり小悪党倉にしかみえませんでしたが、逆にそれがぶっ飛ばした時スカッとするのか
・ブルームヒルダ・ヴォン・シャフト(ケリー・ワシントン)
 物語中盤彼女の存在が二人を窮地に追い込むのですが、その時の演技は巧かったです。
・スティーヴン(サミュエル・L・ジャクソン)
 カルヴィン家に長年仕える同じ奴隷の命をへと思わない黒人奴隷頭、(ゼウス、メイスン)等いい役やっているので最初はそのギャップに戸惑いますが、渋いバイプレイヤー


※確証はないですがタランティーノのも鉱山職員でカメオ出演していたと思います。


総評(1~5)
久々に5ですね、ただバイオレンス物苦手な方は注意が必要です。

ジャンゴとシュルツが途中冬の間救出の資金稼ぎをするのでその時の話を続編で脱して欲しいですね。


次回は久しぶりに邦画「舟を編む」を観に行く予定です。
[PR]
by rainman24 | 2013-03-15 15:08 | 映画・音楽 | Comments(0)